RPGアツマール「みんなと対戦『憎悪の獣の地下ドール』(8/16更新: v.3.6.2)」紹介&攻略

前回、紹介した『パズルネクリア』と同じ作者さんのゲームをやってみました。
パーティーを組んで、オート戦闘させるゲームです。
いろんな組み合わせを考えて、戦わせるのが楽しかったです。

チュートリアルがないので最初は戸惑いましたが対戦に負けてもデメリットは全くないし、むしろガチャを引く「機術の欠片(お金」)がたまっていくので、新しい「ドール(キャラクター)」を引いて、またパーティーを組み直す連続で楽しかったです。
戦闘中も最初は速すぎて何が起こってるのかわからないぐらいですが、慣れてくると、むしろテンポが良くて楽しくなってきます。

同じ作者さんの他のゲームをやるとイベントキャラがもらえるのも楽しいです。

●ちょこっと攻略ヒント
ゲームの目的がわかりづらかったので、初めてやる方に向けにヒントです。まめに更新されてるみたいなので、今後のバージョンによって参考にならなくなるかもしれません。

1:「まずはチャンプに挑戦」
チャンプというのは他のプレイヤーの勝ち抜いてるパーティーです。最初はほぼ勝てないと思いますが、ガチャを引くための「機術の欠片(お金」)が溜まるのでどんどん負けて、ガチャを引いて「ドール(キャラクター)」と「スロット(装備アイテム)」を集めましょう。楽しいです。先に始めてるプレイヤーに勝てる訳ないと思うかもしれませんが、「ドール(キャラクター)」のレベルは10が最高ですぐ上がるし、「スロット(装備アイテム)」の組み合わせ意外の要素はないので、相手の弱点をよく考えれば勝てます。

「育て方のコツ」
「ドール(キャラクター)」を決める。
個別の能力があるので、そこでパーティーに入れるキャラを2人決める。特徴や効果は「書物室」で読めるので、少し慣れてきてから読むとかなり参考になります。

「スロット(装備アイテム)」を手に入れる。
「ショップ」で買える基本能力を上げる系と、「ガチャ」で手に入るスキル系があります。スキル系は同じ属性(色)のものしか装備できないので、自分の「ドール(キャラクター)」につけたいものを決めます。「ガチャ」を引いてれば自然と増えていきますし、狙いたときは「ドール粒子」で交換できます。「ドール粒子」はガチャでかぶったときにもらえるので、結局は「チャンプ→ガチャ」をくり返すことになります(ちなみにスロットは共有されてるので、キャラを変えるときにいちいち外さなくても大丈夫です)。

「レベルはあと回し」
「ドール(キャラクター)」のレベルアップにはGを使いますが、7~8ぐらいまでは一気に上げられますが、9~10は少しかかります。なので、「ドール(キャラクター)」を決めて一点集中していくと良いと思います。Gだけを貯めたいときは「模擬戦」の方がサクサク進めます。

2:「ある程度、強くなったら」
「チャンプ」に一度でもなれると、あるイベントアイテムがもらえます。「クエストルーム」の「スポット調査」でも新しいキャラやアイテムが手に入るので、進めて行きましょう(「探索をする」は「憎悪の破片」の稼ぎ用です)。

3:「ラスボス、めちゃ強い……」
苦戦しました。レベルやアイテムに限界がある仕様のため、勝てないパーティーでは何度やっても勝てません。試行錯誤するのが楽しいゲームなので、一応、隠しておきますが「クエストルーム」の「報酬交換」で手に入るあるキャラを使うとゴリ押しできます。レベル上げする手間とかもあるし「いいから教えろ!って人はクリック→コイツです

「イルカのパーティー紹介」
始めたてのプレイヤーがいると連勝数は増えるから、その数字が強さを表すとは思いませんが、模擬戦でもほとんど勝てました。参考にどうぞ。

ノミノネ
「ブリザード」:「フレアボム」より威力は落ちるけど、相手のMPを減少させる効果が大きい。スキルはMP25消費するので、相手のMPを減らすことは相手の攻撃を弱らせることになります。メイディの「電子の熱狂」の3回目も防げたりします(3回使われるとメイディは2回攻撃になる)。そういう意味ではクーイヤーを使うのも良さそうですが、HPが高いのでノミノネにしました。実はクーイヤーがガチャでなかなか出なくて使ってた経緯もあるのですが、とってからもノミノネのが強いと思いました。開始早々で高ダメージを狙ってくるフーシィ、ヌノー、アイフェルに耐えられます。

「マジカルヒール」:解説不要。必須です。

「魔道機械の結晶」:このパーティーの主力が「ブリザード」で火力を上げる意味もありますが、マジカルヒールの回復量を上げる目的もあります。これでクーイヤーの「マナレデューサー」を上回れます。

「魔力の壺」:「魔道機械の結晶」でMP消費が激しくなっているのを補うため。MPが少ないと「マジカルヒール」ばかり使って攻撃しなくなるのも防ぐ。とらんのスキルで交換されてもいいように2番目に配置。

ネクリア
回復役なので「ヒーリング」、HPに余裕あるときは攻撃できるように「ポイゾニック」。ここまでは選択の余地はないかと。残り二つが悩みところ。候補は、
「悪夢の札」睡眠を防ぐ
「毒封じの薬」毒を防ぐ
「癒やしの雫」毎ターンHP回復

「知能増強」マジカルヒールの回復効果アップ狙い
「体力増強」HPアップ

「バリアー」1ターンダメージ軽減

「ハートスター」必中、ダメージ一定

睡眠と毒は、こちらが挑戦者であれば、相手が使うかどうかわかるので効果的。自分がチャンプになってからは汎用性のある「癒やしの雫」。ノミノネがダメージを受けてる間にけっこう回復する。

増強系はつけていると安心だけど、なくても十分にやれたので除外。

「バリアー」は軽減という割にけっこう減らす。相手の攻撃にタイミングが合うと効果的だが、ズレるとMPをムダに消費するだけなので攻撃した方が良さそう。

どうせ攻撃するなら威力の強いものをということで、ネクリアの能力からすると「ハートスター」がベスト。必中がついているので、身を潜める「アナイアレイション」対策にもなっているのも良い。スキル能力以上に、これをつけることでネクリアがいいタイミングで攻撃してトドメを刺すようになった。オート戦闘ならでは。

このパーティーで敗北したのは、眠り連発してくる相手か、メイディの「電子の熱狂」を3回されたときぐらいだった気がします。
色に関係なくスロットをつけられるハインは、ゲームのシステムや遊び方を考えた面白いキャラだとは思ったのですが弱すぎました。基礎能力の傾向を決めるためにスロットを1つ使うのであれば、他のキャラより強い片寄って数値でないといけないし、特殊効果のないスロットに1つ埋めること自体が、全スロットをつけられるという特性とバッティングしています。レベル10限界で、スロットの組み替えしか選択肢がないゲームでは、スロット1つの意義は大きい気がします。チートキャラにならないように気をつかったんだと思いますが、まだまだ新しい組み方がありそうだったのにちょっと残念でした。

緋片イルカ 2019/12/14

●2020/07/14のパーティー

●2020/08/18クエスト『スポット調査 Ex3』クリアのパーティー

ゲームガチャ

(ランダムでゲーム記事にジャンプします。新しいゲームに出会えるかも?)




小説や映画に興味ある方は、こちらも覗いてみてください。
構成について初心者の方はこちら→初心者向けQ&A①「そもそも三幕構成って何?」

三幕構成の本についてはこちら→三幕構成の本を紹介(基本編)

文章表現についてはこちら→文章添削1「短文化」

オススメ作品→『イマジナリーフレンド』

このサイトの紹介

0

SNSシェア

フォローする