イノック・パウエル(INTJ/建築家)

基本情報

wikipedia:
イノック・パウエル
なし

血の川の演説
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A1%80%E3%81%AE%E5%B7%9D%E3%81%AE%E6%BC%94%E8%AA%AC

MBTI

https://www.personality-database.com/profile/136241/enoch-powell-historical-figures-1900s-mbti-personality-type

興味関心の方向(Favorite world)
E – 外向型(Extravertion)
I – 内向型(Introvertion)72%

ものの見方(Information)
S – 感覚型(Sensation)
N – 直観型(Intuition)100%

判断の仕方(Decisions)
T – 思考型(Thinking)100%
F – 感情型(Feeling)

外界への接し方(Structure)
J – 判断型(Judging)100%
P – 知覚型(Perceiving)

INTJ/建築家
ENTJ/指揮官

言葉

演説引用元『世界を動かした21の演説――あなたにとって「正しいこと」とは何か』

ほとんど信じられないことですが、この瞬間にも、ウォルヴァーハンプトンだけで二〇人から三〇人の移民の子供が新たに海外から到着しています。これは一〇年か二〇年後一五か二〇の新しい移民の世帯ができることを意味します。神はまず滅ぼそうとする者の正気を奪うと言います。毎年五万人もの移民の扶養家族が流入するのを許しているとは、私たち国民は正気を失ったとしか思えません。彼らはほとんどの場合将来の移民子孫の人口増加の原因となるのです。国民がせっせと自分の火葬用の薪を積み上げているのを眺めているようです。未婚者が会ったこともない配偶者や婚約車と所帯を持つことを目的に移民として入国するのを現実に許しているのに至っては、狂気もここに極まると言えましょう。

「差別を撤廃する」と称する法律を声高に要求する人たちの現実認識以上に大きな誤解はありません。一九三〇年代に毎年のように、増大する危機に直面していたこの国の目を曇らせようとしていた新聞の論説委員と同類の、あるいはその同じ新聞の論説委員たちや、宮殿で頭の上まで夜着を引き上げ、上品に暮らしている大主教たちのことです。彼らの認識はまったくまちがっています。
差別と窮乏、不安と憤りを感じているのは移民たちではなく、これまで移民を迎え入れてきた、そしてまた今も迎えつづけている人たちなのです。

何百人もの人々の一人に、私の思いを代わりに語ってもらいましょう。
八年前、ウォルヴァーハンプトンの立派な通りにあった一軒の家が黒人に売られました。今ではその通りに白人は一人、高齢の年金生活者の女性しか住んでいません。これはその女性の話です。夫と二人の息子を戦争で亡くしたその女性は、唯一の資産である七室ある自宅を下宿にしました。一生懸命努力したので下宿業はうまくいき、家のローンを払い終え、老後に備えて少しずつ貯金も始めました。その矢先に、移民が引っ越してきたのです。日増しに育つ恐れを胸に、女性は一軒、また一軒と移民が移り住んでくるのを見ていました。静かだった通りは騒音と混乱が渦巻く場所になりました。残念なことに、白人の下宿人は出て行きました。
 最後の一人が出て行った翌日、女性は午前七時に二人の黒人に起こされました。雇い主に連絡したいので電話を使わせてほしいというのでした。女性は断りました。そういう時間に見知らぬ人に頼まれたらどんな相手でも断ったでしょう。すると二人は彼女に悪口雑言を浴びせました。女性はドアにチェーンをかけていなかったら襲われていただろうと思いました。移民の家族が部屋を借りようとしましたが、彼女はすべて断りました。わずかな蓄えはすぐに底をつき、税金を払うと週二ポンドしか手元に残りません。税金の減額を申請に行くと、応対した若い女性は七部屋の家があると聞いて、一部を人に貸してはどうかと提案しました。黒人の入居者しかいないと言うと「人種差別をしていたらこの国ではどうにもなりませんよ」と言われ、家に帰りました。
 電話は彼女の命綱です。親戚が電話代を払い、できるかぎりの援助をしています。移民から家を買い取ろうという申し出がありました。提示された価格は、新しい家主が入居者からの家賃で数週間、長くて数ヵ月で回収できるような額でした。女性は外出するのを恐れるようになりました。窓は割れています。郵便受けから排せつ物が押し込まれていることがあります。買い物に出かけると子供達がぞろぞろついてきます。愛嬌のあるニタニタ笑いのピカニニー(黒人の子供を意味する侮蔑的な言葉)たちです。彼らは英語を話せませんが一つだけ知っている言葉があります。「人種差別主義者」とはやし立てるのです。
 この女性は、新しい人種関係法案が可決されれば刑務所に行くことになると思い込んでいます。彼女はそんなに悪いことをしたのでしょうか。私は疑問に思いはじめています。

意図的であるにしろそうでないにしろ、現実に目を向けない人が陥るもう一つの危険な思い込みは、「統合」という一言で言い表せます。社会に統合されるとは、事実上ほかのメンバーと区別できなくなることを意味します。
 しかしどんな場合でも、現実にはっきりした身体的な差異、特に色の違いがあるなら、今日は時間が経てば不可能ではないにしても、難しいものです。

今でもすでに、早急に断固とした行動を起こすしかこれを避ける道はなくなっています。そういう行動を要求し、実現する意志が国民にあるかどうかは、私にはわかりません。わかっているのは、見ているだけで発言しないことは、重大な裏切りとなるということだけです。

(英国、バーミンガム、ミッドランドホテル 1968.4.20)

緋片イルカ 2022.8.15

SNSシェア

フォローする