物語論一覧

創作のトレーニング法(文学#71)

創作のトレーニング方法を考えてみます。

記事を読む

ファイターとライター(文学#70)

物語を通して「感動させる」ということは、喩えようによっては観客の心を「ノックアウトする」ようなものです。ファイターとライターをなぞらえて、物語にとって大切なポイントを考えてみたいと思います。

記事を読む

作者の「年代漏れ」と「偽装テクニック」(文章#45)

作者の年代が作品に意図せず滲み出てしまうのは、物語創作でよくあります。その原因と対策を探ります。

記事を読む

作者の態度と作品への影響(文章#44)

「作者の態度」が作品に与える影響いついて考えてみようと思います。

記事を読む

物語の公式を学ぶことについて(文学#69)

作家は物語の専門家でなければならない。

記事を読む

コズモゴニーにおける愛について(文学#68)

「コスモゴニーは最高次の形式における愛を説明しなければならない。それができなければ、コスモゴニーは虚偽である。」この命題について考えてみる。

記事を読む

採点制度「好き」「作品」「脚本」(文章#43)

ライター志望の方々には作品を「採点」してもらうということを始めました。その項目と意図を解説しておきます。

記事を読む

用語解説「クリシェ」「ブリッジ」「シナジー」(文章#42)

チームでやりとりすることも増えたので、僕が最近使うようになった用語について、説明しておきます。

記事を読む

物語における偶然性と奇跡について(文学#67)

偶然は、ほんとうは偶然ではないのだというアークを描ければ、観客はそこに奇跡をみるのかもしれない。

記事を読む

物語初心者への「ファンタジー設定」禁止の意味(文章#41)

物語創作の初心者は「ファンタジー設定」の話を書かないようにという指導をしました。目的は「人間ドラマ」の練習をするためです。

記事を読む