物語論一覧

物語は面白くなきゃいけない(文学#47)

売れようが、周りから評価されようが、自分自身が面白いと思わないなら駄作だ。

記事を読む

物語は面白くなきゃいけないのか?(文学#46)

作品が自分の期待通りでなかったことに怒りを感じるのは、世界が自分のためにあるという勘違いだ。映画はあなたのためだけにあるのではない。

記事を読む

ストーリーの役割、演出の役割(文章#30)

シーンにおけるストーリーの役割と、演出の役割ということを考えてみます。ストーリーを脚本家、演出を監督の仕事と置き換えてみると、それぞれの仕事の領域とも考えられると思います。

記事を読む

NO IMAGE

他者に寄り添うこと(文学#45)

たとえば、コンビニエンスストアの店長さんが、若いアルバイトに「この新商品を品出ししておいて」と指示を出します。数時間後、バイトくんは品出しをしていませんでした。店長さんは怒ります。「どうしてやってないんだ?」バイトくん「すいません。忘れてました」店長さんは呆れて、こう思う。「アイツ、ダメだ。使えない……」世界中のあちこちで、これと似たシチュエーションの物語が展開されているのではないでしょうか?

記事を読む

NO IMAGE

「生きる」ことは物語を紡ぐこと(文学#44)

あなたが書けなくなっても、生きてさえいれば作家です。同時代を生きる仲間です。

記事を読む

NO IMAGE

部外者が震災を描くこと(文学#43)

ある記事を読んで。

記事を読む

NO IMAGE

初稿ができた人へ(文章#29)

初稿を書き上げた人へのメッセージです。

記事を読む

NO IMAGE

同時代の小説(文学#42)

何度も落選してそれが叶わないようなデビューを目指している過程の人だろうが、うまく仕上げきれずに悶々としている人だろうが、趣味としてネットに投稿している人だろうが、あるいは、ただ感情にまかせてノートに書き付けている人ですら、小説を書いているなら「小説家」と呼べるのではないでしょうか。

記事を読む

NO IMAGE

執筆プランと管理表(週ごと管理)

以前に紹介したエクセルの執筆管理表の簡易バージョンです。

記事を読む

NO IMAGE

保護中: 底流イメージ(上級編4)

上級編は非公開です。イルカの覚え書きと「同作会」など信頼した人に伝えるときのための記事です。

記事を読む