物語論一覧

NO IMAGE

変化させずに挽回させる(キャラクター論47)

多くの物語セオリーでは「キャラクターを変化させること」を重要視していますが、そうではない一例として『ER 緊急救命室』のワンシーンを紹介します。

記事を読む

ストーリーサークル4「構成」(文学#37)

「構成」については過去にたくさんの記事で説明していますが、特にストーリーサークルの「テーマ」「描写」との関係を説明していきます。

記事を読む

ストーリーサークル3「視点」(文学#36)

「視点」とは作者のモノの見方、価値観、思想。哲学などです。これは作者が意識しなくても、物語に大きく影響しています。

記事を読む

ストーリーサークル2「人物」(文学#35)

「人物」とは登場人物です。「キャラクター」「人間」とも言い替えられます。「キャラクター論」は「人間論」であり、語り尽くすことはできませんが、「物語」にとって重要となる大きなポイントをいくつか挙げて説明していきます。

記事を読む

ストーリーサークル1「題材」(文学#34)

ストーリーサークルの考え方は、企画など物語を創作する上でも使える指針なので、1つずつ説明していきます。今回は「題材」についてです。

記事を読む

NO IMAGE

テーマは文章にせよ(文章#27)

テーマは抽象的にせず、構成に組み込むことが大切です。

記事を読む

似たような「設定」の比較(三幕構成32)

マンガ『ラックスティーラー』と『マインドアサシン』の比較をしながら、「構成」と「設定」の関係について考えます。

記事を読む

「設定」と「構成」のちがい(三幕構成31)

マンガ『マインドアサシン』をつかって、初心者がまちがえやすい「設定」と「構成」のちがいを明確にします。

記事を読む

NO IMAGE

三幕構成は設計図に過ぎない(#30)

構成の理論ばかり流行っているのを感じますが、地味な文学論や主観的な表現論を、切り捨ててしまうとせっかくの「三幕構成」も、ただのへりくつになってしまうように思います。

記事を読む

NO IMAGE

物語論を語る人たちと、それぞれの目的(三幕構成29)

僕自身を含めて、物語論を語る人のうさんくささに付きまとうのは「で、あなたの書いたものは面白いの?」という疑問です。何のための「物語論」なのか、忘れないでいたいものです。

記事を読む