ざっくりレビュー一覧

映画『ビフォア・ザ・レイン』解説と構成・テーマ分析(#28)

「“メビウスの輪”となる三部構成」といわれる映画を「矛盾シーン」から正確に読み解きます。また構成の奇抜さにとらわれず、受け取るべきテーマについても考えます。

記事を読む

『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー(三幕構成分析#27)

探偵役すら曖昧な、群像劇のミステリーをどのように構成しているか分析してみました。

記事を読む

NO IMAGE

『父と私の桜尾通り商店街』今村夏子

読みやすい文体で、ことばの向こうにある何かを表現している作家はめずらしいように思います(たいしたことないものを小難しい言葉でくどくど書く作家はたくさんいるのに)。

記事を読む

『ABC殺人事件』アガサ・クリスティー(三幕構成分析#26)

映画におけるミステリー作品は「ミステリープロット」としてかなりはっきりした定型となっていますすが、1936年に書かれた今作では「当てはまるのか、当てはまらないのか?」に注目しながら分析してみました。

記事を読む

『生命式』村田沙耶香

『生命式』は発刊は2019年ですが、2009年~2018年に発表された作品が収められた短編集です。

記事を読む

映画『わたしは、ダニエル・ブレイク』

いい映画だなと思いました。率直に。

記事を読む

『改良』遠野遥

気になる引用:『私は彼らに対して、怒りを覚えることもなければ、申し訳なく思うことも共感することもなかった。』

記事を読む

NO IMAGE

『しろいろの街の、その骨の体温の』他、村田沙耶香作品まとめ

読書会までに読み込めなかった村田沙耶香さんの作品の感想などです。

記事を読む

NO IMAGE

RPGアツマール「≪改良版≫いつでもダンジョン!!」紹介と攻略

RPGアツマールでプレイした楽しかったゲームの紹介です。

記事を読む

NO IMAGE

『授乳』村田沙耶香

気になる引用:『母が同い年のクラスメイトだったらきっといじめてるな』

記事を読む