なんでもレビュー一覧

アニメ『鬼滅の刃』第一話:モノローグの多用(三幕構成分析#31)

とくに興味はなかったのですがAmazon Primeにあったので第一話を見てみました。見たついでに、三幕構成によるビート解説を記しておきます。

記事を読む

小説『神様』川上弘美:透明な文体とマジックリアリズムの探求

神様 (中公文庫) マジックリアリズムの探求 次回の読書回では川上弘美さんの作品をとりあげています。 その狙いのひとつに「...

記事を読む

映画『ジョーカー』(三幕構成分析#30)

主観的な感想が多くなりがちな映画ですが、あくまで構成として客観的に分析していきます。

記事を読む

NO IMAGE

『翻訳できない世界のことば』

Amazonアレクサの好きな本だそうです。

記事を読む

アニメ『ひぐらしのなく頃に』とループ型ストーリー

ループ型ストーリー、ゲーム的発想、ループ(輪廻)に苦しむ主人公といった観点から、作品を考えます。

記事を読む

『オリエント急行殺人事件』アガサ・クリスティー(三幕構成分析#29)

この作品は犯人がとても有名ですが、素人が書いたら破綻しかねないオチです。どのように構成しているかを見ながら、他のアガサ・クリスティ作品との違いも見ていきます。

記事を読む

映画『ビフォア・ザ・レイン』解説と構成・テーマ分析(#28)

「“メビウスの輪”となる三部構成」といわれる映画を「矛盾シーン」から正確に読み解きます。また構成の奇抜さにとらわれず、受け取るべきテーマについても考えます。

記事を読む

『そして誰もいなくなった』アガサ・クリスティー(三幕構成分析#27)

探偵役すら曖昧な、群像劇のミステリーをどのように構成しているか分析してみました。

記事を読む

NO IMAGE

『父と私の桜尾通り商店街』今村夏子

読みやすい文体で、ことばの向こうにある何かを表現している作家はめずらしいように思います(たいしたことないものを小難しい言葉でくどくど書く作家はたくさんいるのに)。

記事を読む

『ABC殺人事件』アガサ・クリスティー(三幕構成分析#26)

映画におけるミステリー作品は「ミステリープロット」としてかなりはっきりした定型となっていますすが、1936年に書かれた今作では「当てはまるのか、当てはまらないのか?」に注目しながら分析してみました。

記事を読む