書籍『新しい文学のために』②文学は世界のモデルをつくるまで(5~8章)

21世紀の僕らが作り出すべき「世界モデル」は何だろうか。

記事を読む

書籍『新しい文学のために』①基本的手法としての「異化」まで(1~4章)

文字情報が、肉体性を帯びたときには、それは声になるとも言える。

記事を読む

書籍『感じるオープンダイアローグ』

まだ、掴み切れていないが、物語に応用できるヒントがたくさんある。

記事を読む

書籍『文学とは何か――現代批評理論への招待』①序章

内容は刺激的で、目を開かされる。まさに「すぐれた入門講義」。序章だけで、なるほどと思うことがたくさんあったので引用しながら、まとめておく。

記事を読む

Q&A「物語の型は、どのくらいあるのか?」(三幕構成43)

メール等でいただいたご質問に対するイルカの回答です。

記事を読む

Q&A「予定調和を回避するには……」(三幕構成42)

メール等でいただいたご質問に対するイルカの回答です。

記事を読む

作家のプライド(文学#57)

あくまで、僕の考えに過ぎませんが、作家にとってのプライドの持ち方、すなわち「何に拘るべきか」を考えてみたいと思います。

記事を読む

NO IMAGE

(イルカの独り言)近況報告など

近況報告とか。

記事を読む

Q&A「フラットなアークにおけるログラインの作り方……」(三幕構成41)

メール等でいただいたご質問に対するイルカの回答です。

記事を読む

NO IMAGE

(イルカの独り言)ネットの高評価・低評価について思うこと

ただ思ったこと。

記事を読む