RPGアツマール『レベル上げにちょうどいい島』基本攻略

このフリーゲームが面白くて、ついつい寝不足になってしまいました。
ゲーム自体は一日で終わります。パソコンのブラウザ上でできるので、ちょっとした現実逃避になります。興味ある方はこちらからどうぞ。
同じ作者さんの『ぶきあつめ ~なんでも武器になるRPG~』も過去にやったことあるのですが面白かったです。

以下は、プレイしてみた方への向けた攻略情報です。
なので、文字だけでもわかるかと思い、面倒くさいので画像はつけてません。

ちなみにイルカは「2700万EXP」までいきました。
あくまで個人的な攻略法ですが、フリーゲームゆえ攻略サイトとかもなかったので記事にしてみました。

内容は、プレイする方の楽しみを奪わないように「基本攻略」と「ネタバレ攻略」にわけました。
ちょっとやってみたけど、よくわからないとかって感じの方は、このページをご覧ください。
経験値アップのためのコツなどは「ネタバレ攻略」をご覧ください。

【ゲームの基本の流れ】
・ターン制で、1ターンにつき「冒険者呼び込み」か「行動」のどちらかをやらなければいけません。パスはありません。「配置」ではターンは経過しません。

・10ターンすると勇者達がやってきます。そこで「目標経験値」を達成できないとゲームオーバーになります。

・なので「配置」をつかって「フロア」や「モンスター」を配置して、勇者達が経験値を稼げるマップ作りをするのがゲームの目的になります。ただし、最初は新しい「フロア」も「モンスター」も持っていないので「冒険者呼び込み」か「行動」をしてゲットしていきます。

・「冒険者呼び込み」は勇者達が訪れる疑似体験で、現状で経験値がどれくらい得られるか確認できます。目標値にいかなくてもゲームオーバーにはなりません。終わった後には「フロア」か「モンスター」をもらえます。

・「行動」は行動Pを使用して新しい「フロア」や「モンスター」をひいたりレベルをアップさせたりできます。まずは新しいモンスターが手に入る「召喚」か「フロア獲得」がおすすめです。強力な「行動」が手に入る「行動入手」も選んでいきたいところです。

・行動Pは「行動」ごとに数値が決まっていて、1ターンに1ずつしか回復しないので、足りない場合は「冒険者呼び込み」をするしかありません。

・どんな「行動」ができるかはランダムですが、見てから「もどる」でキャンセルできるので、ターンの初めには、とりあえず見てみるのがいいかもしれません。

【勇者達がやってくる】
・10ターンすると勇者達がやってきます。このターンでは「行動」は選べません。

・「目標経験値」を達成できないとゲームオーバーになります。達成すると次の目標値へ向けて、また10ターンが始まります。

・ゲームオーバーになるとスタート時の天国(?)に戻って、島の作り直しになります。「モンスター」と「フロア」は1つずつ引き継げます(「宝」で増やせます)。

・「目標経験値」を達成できると報酬として「冒険者増加」「島拡張」「行動P全回復」のどれかが選択できます。

・「冒険者増加」はやってくる「勇者」の人数が増えるので、経験値アップが望めます。最大12人まで増えます。

・「島拡張」はフロアを置くスペースが増えていきます。右側に3~4マスぐらい増えます。最初のうちはあまりやらなくていい気がします。

・ゲームオーバーになった際には、そこまでの進行に応じてガチャチケットがもらえて「宝」を引けます。

・また島を作り直す度に、新しい「奥義」がもらえますので、最初に何度かやり直してしまうのも手です(オプションの島破壊をするとすぐにゲームオーバーにできます)。

【「宝」「奥義」とは?】
・「奥義」は「冒険者呼び込み」や「勇者来島」を実行している際に、SPが溜まると発動できます。

・「宝」は「勇者来島」のあとに入手できることがあり「行動P」を上げたり、さまざまな能力アップができます。最大9つまでです。最初のうちは、引き継ぎの「モンスター」「フロア」「行動Pの最大値」が増やせるものがオススメです。

モンスターのスキルとか細かい説明はゲーム中で説明されてるので、基本の流れをおさえれば、自分なりの島作りが楽しめると思います。

経験値アップのためのコツや、どんな「モンスター」や「フロア」のオススメや「宝」や「奥義」のリストはRPGアツマール「レベル上げにちょうどいい島」ネタバレ攻略の記事へどうぞ。

(2019/06/01記)

ゲームガチャ

(ランダムでゲーム記事にジャンプします。新しいゲームに出会えるかも?)




小説や映画に興味ある方は、こちらも覗いてみてください。
構成について初心者の方はこちら→初心者向けQ&A①「そもそも三幕構成って何?」

三幕構成の本についてはこちら→三幕構成の本を紹介(基本編)

文章表現についてはこちら→文章添削1「短文化」

オススメ作品→『イマジナリーフレンド』

このサイトの紹介

0

SNSシェア

フォローする