「キュン」

わたしは生まれて初めて、新築の家というものに入った。

「すごい、広い!」

「まだ家具が入ってないからだよ」

不動産屋は、
「クローゼットがありますので、広さは保たれると思いますよ?」

「どう? 気にいった?」

「うん。」

「ここなら駅も近いし、ここにしよっか?」

「…うん。」

「どうしたの? 何か不安?」

「うんん、逆。嬉しいの。」

わたしとカズナリさんはもうすぐ結婚する。

わたしは初めての新築の家で、初めての結婚生活を始めるのだ。

「うちボロい木造だったから、フローリングも初めて」

ゴムスリッパがフローリングに擦れてキュンという音を立てた。

その音はわたしが昔、「初恋」と名付けた音と同じだった。

中学2年の3学期だった。始業式で掃除が終わればホームルームだけして帰れるし、久しぶりにあう同級生もいて、みんな浮かれていた。

女子はおしゃべり、男子はホウキでチャンバラしていた。

ガッ!

男子の弾かれたカタナがわたしの方へ飛んできた。

「きゃ」
わたしは顔を覆う間もなく、飛んでくるホウキを直視していた。

パッ。

横から飛び出してきたツジ君は、そのホウキを空中でつかみ取り、うわばきがキュンと鳴って彼は着地した。すぐに男子の方へととって返し走っていった。

「大丈夫?」
隣にいたルカが聞いた。

「ツジ君、かっこよかったね。」

こういうことをサラッと言ってしまうから、ルカには変な噂が立つのだと思った。

「え? …うん。」

「赤くなってるよ?」

「なってないよ…違う…怖かったから。」

チャイムが鳴った。

わたしは、うわばきのつま先をこするようにして歩いてみたが、同じ音はしなかった。

ツジ君にしか鳴らせない音なんだ、と思ったら、自分で考えたくせにドキリとした。

ホームルームが終わると、ルカが声をかけてきた。
「一緒にかえろ?」

「え? めずらしい…いいよ。」
ルカと帰るのは初めてだった。
何を話していいかわからず黙ったまま歩いていたが、校舎を出て二人になると、ルカは言った。

「ねえ、いつ告るの?」

「え?」

「ツジ君、好きになったんでしょ?」

わたしは自分でも顔が真っ赤になったのがわかった。

「もしかして、まだ誰ともヤッたことないの?」

「ないよ!」
わたしは強く否定してから、「ヤる」というのが何のことか分かってしまったことが恥ずかしくなった。

「そうなんだ…。ごめん…」

しおらしく謝るルカを見て、急に同い年だという気がしてきた。

「もしかして付き合ったこともない?」
ルカが優しく聞いたので、わたしは正直にうなずいた。

「そっか、じゃあ、初恋?」

わたしは、わからないぐらい小さく頷いた。

「いいな~、初恋か。あたしも思い出すな。つっても去年だけど、本当に好きだったんだよね…。」

わたしはルカの噂を思い出した。

「どんな人だったの?」

「大学生。家庭教師してくれてたんだけど…。かわいいっていつも言ってくれたから信じたけど、一回ヤッたら『やっぱり、こういうのはよくない』とか言い出してさ。」

「…」
わたしには世界が大きすぎて言葉使いがわからなかった。

「そのあと7人付き合ったけど…」

「7人!!」

「そう、7人。でも、最初の先生が一番ドキドキしたかな…。あんたも初めては妥協しちゃダメだよ?」

「妥協…?」

「そう、きちんと伝えて、とことん追わなきゃ!」

その時のルカの屈託のない笑顔は今でも忘れない。

ルカはあんまり学校に来なかったので、会えば二言三言会話はしたけど、ちゃんと話したのはそれが最初で最後だった。

わたしはルカの「初めては妥協しちゃだめ」という言葉と、渡せなかったラブレターを握りしめたまま卒業した。

高校も大学も好きになった人はいて、何度かデートしたりはしたけど、ちゃんと付き合ったのはカズナリさんが初めてだった。

「カズナリさん。中学のこと覚えてる?」
わたしは聞いた。

「中学…ガキだったからな~」

「じゃあ、掃除の時間にわたしを助けてくれたの覚えてないの?」

「………。」

「わたしの初恋の人なんだよ。」

「うそ! 本当! 初めて聞いたよ?」

「初めて言ったもん!」

わたしはこれからも、この人といろんな初めてを経験していくのだと思ったら、胸がキュンとした。

(了)

0

SNSシェア

フォローする