テオプラストスの『人さまざま』

テオプラストスはアリストテレスの弟子で、古代ギリシアの人々を観察して30のタイプにまとめました。クリストファー・ボグラーも勧めています。こういった分類はそのままキャラクターのモデルとして参考になります。タイプの名称だけリストにしておきます。薄い本ですので興味のある方は一度読んでみてください。

1 空とぼけ
2 へつらい
3 無駄口
4 粗野
5 お愛想
6 無頼
7 おしゃべり
8 噂好き
9 恥知らず
10 けち
11 いやがらせ
12 頓馬(とんま)
13 お節介
14 上の空
15 へそまがり
16 迷信
17 不平
18 疑い深さ
19 不潔
20 無作法
21 虚栄
22 しみったれ
23 ほら吹き
24 横柄
25 臆病
26 独裁好み
27 年寄の冷水
28 悪態
29 悪人びいき
30 貪欲

人さまざま (岩波文庫 青 609-1)より)

ストーリー機能・分類まとめ

2+

SNSシェア

フォローする