(イルカの独り言)ふう~おわった。

※イルカの日記みたいなものです。有益な情報とかはありませんので。

現在、朝の6時前。不規則生活はあいかわらずですが、今日は昼から仕事へ行かなくてはいけないので、ぼちぼち寝なくてはと思いつつ。

応募完了
前回の独り言では、執筆してましたが、その後、直しは不十分でしたが、応募は完了しました。あの直しでは落選はすると思うけど、気に入った作品なので、直して、別のところに再応募する予定です。

なんにせよ、応募できたことが良かった。何カ月ぶりだったかな。これも、ともに頑張ってくれた仲間のおかげと感謝しております。もう次に向けて動きだしている彼に負けずに、書こうと思う。

昨日は、夜に、長い付き合いの友達に電話。気付いたら三時間半ぐらい話していた。僕の中で、物語について一番理解のある人で、上級編の内容もすんなりわかってくれて、話してて気持ちいいし、話してる内に考えがまとまってくるので、考えが深まる。彼とは過去に舞台を一緒に書いていましたが、久しぶりに今年の冬ぐらいの上演で書くことになりました。本名で書くから、ここで宣伝はしないかもですが。

今後、舞台を書けるいい人がいたら紹介して欲しいと言われて、こちらの読書会や合評会の動きと共働していこうという話になって、同作会を立ち上げることにしました。読書会でやっていた合評会の扱いも少し迷っていたところなので、ばっさり分けて、本気で書く覚悟のある仲間を集めようと思います。

わざとハードルを上げるようなことを書いたけど、それを踏まえて参加してくれる人があったら嬉しいと思っています。どうせ少数精鋭なんだから、一人、二人で充分。100文字小説大賞もたくさんの応募してくださった方がいたけど、そんな中からこっちにも参加してくれる人がでてきたら、嬉しいなと思うし、今後も100文字小説大賞をつづけていく意義もありそうだなと思った。

ちなみに「同時代作家」という言葉も、昨日の電話のなかで固まってきた言葉でした。

「100文字小説大賞」本日〆切
これは愚痴ではないのですが、事務処理作業はひとりですべてやってるため、かなり疲れます。だから、今日で〆切になるのは正直、ホッともしています。まだ、投票やブロック分けについて、作業が山ほど残ってるけど、とにかく、一段階はおわるかんじ。

ありがたすぎることに、応募総数がかなり集まっていて、全作品の感想は書き切れないかなと思ってます。何らかのフィードバックはしたいけど、自分が投票したやつだけにしようかな。

とにかく、今夜24時の〆切後からの動き次第だな。

ツイッターに、宣伝用として一日一作品、載せていたましたが、一日、投稿を忘れた日があって、一本あまってしまった。今夜の〆切タイミングとかでアップしようかな。

読書会準備
昨日、次の読書会に向けて、カミュの持っていなかった本を注文しました。芥川賞作品を課題作にしているときなどは、自分が読みたいというのではないけど、今回は「読むべき」と思うぐらい、やろうと思っていた作家。「同作会」の理念は、カミュに重なるところもある。楽しみだ。他にもいくつか、読みたいと思って読めてなかった本もけっこうあるので、応募が一段落ついたし読もう。

今後の活動
・たおはちチャンネルさんとラジオドラマやりたいと思ってるけど、絵とかお上手みたいなので、他の企画でもよいかもと思ってる。
・ちょっと気になってる、手軽な公募があったので、サクっと書いて出そうかな。ネタも思いついている。
・舞台の企画書、プロット
・それとセットだけど、短編映画の話も動かしていく
・次の応募作品のプロット
・書きかけになって止まっていた、ある作品をきちんと書こうと思っている
・あ、免許更新と確定申告しなきゃ!

ともかく、応募と、100文字賞大賞の応募〆切と、仕事の忙しい時期も今日でおわるので、次の活動をしていこう。

緋片イルカ 2021/04/03

1+

SNSシェア

フォローする