「心太」読めますか?(ゲス漢2)

※漢字の答えは広告の下にあります。小説内にお題の漢字が出てくるので、よかったら推測しながらお読み下さい。

昨日の女はクソだった。
 顔は悪くなかった。色白で、切れ長の目に、尖った顎は好みはわかれるだろうが美人といえる。元読者モデルをやっていたとか。胸は小さいが柳腰(やなぎごし)でそそるものがあった。愛想もよかった。二十五歳にしては男を立てるということを知っていた。
 だが、どんないい女だったとしてもアレだけは許せない。
 レストランの窓からは丸の内の夜景が見下ろせる。明るい窓のなかには残業してるやつらがいる。そいつらが俺のディナーに色を添えていると思うといい気分になる。 
「ねえ、下衆山さんって、漢字が得意なんですよね?」
 食べ終えた女は、ナプキンで口をぬぐってから聞いた。
「そんなことないさ。漢検一級で満点とった程度だよ」
「ええ、すごいじゃないですか。じゃあ、これ、読めますか?」
 女はナプキンの裏に漢字を書いてさしだした。
「心に太いか……なかなか、むずかしいな」
「下衆山さんでもわからないんですか?」
 女が嬉しそうに白い歯を見せた。
「あれか、これか、どっちかだったんだよな。ど忘れした」
「何ですか? 言ってみてくださいよ」
「当てたらどうする?」
「う~ん、どうしましょうかね~」
「じゃあ、俺の命令、1つきいてもらうよ?」
 いたずらに笑って、
「いいですよ」
 俺は「心太」を音読し、この後、部屋でやってもらう命令を告げた。
「え~、わたし、そんなこと、したこないですよ」
「正解したからね」
「じゃあ、もう一問ください」
「いいよ。でも、正解したら、やってもらうからな?」
「わかりました~」
 言いながら女は次のナプキンをよこした。
「なっ……」
「おっ、もしかして読めないですか?」
「いや、これは……」
 字面(じづら)を見るだけで身の毛もよだつ。あのうじゃうじゃと生えた足と、くねくねした胴体。俺のこの世で一番嫌いな虫。百足
「下衆山さん、どうしたんですか?」
 女を無視して席を立った。




●今日の漢字:「心太」(ところてん):
テングサなど寒天にして、ニュッと押し出して、つるっつるっと食べるやつ。

(緋片イルカ2018/10/26)

「扁桃」読めますか?(ゲス漢3)

「ゲス漢」のリストはこちら

0

SNSシェア

フォローする