テーマについて③:描写との関係(文学#54)

前回:テーマについて②:キャラクターとの関係(文学#53)

キャラクターの描写

第1回では「構成」が「テーマ」を伝えるということ、第2回ではその「構成」はすなわち「キャラクター」の動きや変化であることを説明しました。

「描写」とは、そのキャラクターの言動をシーンとして見せることです。

言動を、さらに細かくいえば「セリフ」と「行動」です。

第1回で「桃太郎」の例を使い、以下のように説明しました。

犬や猿に高圧的な態度をとっていれば嫌われるでしょうし、動物想いで家来というより友達のように接していれば、親近感を持つ人も多くなるでしょう。

これが「キャラクターの描写」です。

第2回では『天使のくれた時間 』の主人公であるジャックは「ウォール街で働き、金が一番だと思っているような男」でした。

そんなジャックが、愛を大事に生きるケイトと関わり変化していくことで「テーマ」が伝わるのですが、ジャックがあっさりと価値観を変えてしまったらどうでしょう?

物語としての面白味もなくなりますが、「人間はそんな簡単に変わるのか?」とか「もしかして口先の嘘をついているのではないか?」という疑問もよぎってしまいます。

「構成」上で「テーマ」を伝えるキャラクターを設定し、そのキャラクターを実際に動かして、観客に見せるのが「描写」です。

描写力が足りないと、キャラクターの魅力もテーマも伝わりませんし、場合によっては勘違いして受け取られることもあります。

「構成」と「描写」のズレ

ここで「構成」と「描写」がズレた物語を考えてみましょう。

わかりやすさを優先して、また「桃太郎」を使います。

第1回で挙げたシークエンスを、再掲します。

・桃から生まれる
・成長して立派な青年になっている
・村で鬼が悪さをしている
・鬼退治に出発する。
・いぬ、さる、きじを仲間にする
・鬼ヶ島について、鬼と対決
・勝利して金銀財宝をもって、村に帰る。
・村は平和で豊かになってめでたしめでたし。

この構成のまま、

「犬や猿に高圧的な態度をとる桃太郎」と「動物想いで家来というより友達のように接する桃太郎」を想像してみてください。

後者であれば、いかにもヒーローらしく違和感はあまりないと思いますが、前者であった場合、観客は「桃太郎」というキャラクターに対する評価に迷います。

「口は悪いけど根はいい奴」と捉える人は、描写よりも構成を優先して捉えています。「態度」では嫌なやつだけど、鬼退治という「行動」は評価しているといえます。

ただ「嫌い」と感じる人は「態度」が嫌いで、鬼退治を差し引いても、嫌いが勝っているうのでしょう。

これは、大金持ちが100万円寄附するのと、貧乏人が少ない給料から1万円寄附するのと、どっちが善意だという論争に似ています。

答えは出ませんが、ともかく、物語論としては「構成」と「描写」がズレているとき「テーマ」の捉え方にも幅ができてしまうのです。

批評と分析

「構成」と「描写」のズレは、作者が意図したものなのかどうか?

それは「テーマ」を考える上で大きな問題です。

「人間の二面性」を描くのは描写としては高等です。しかし、人間の捉え方が浅い人は混乱してしまいます。

エンターテインメント=売上げという視点からは「テーマ」の捉え方はマイナスになることが多いでしょう。

たとえば「ヒーロー」として描こうとしているのに、「ヒーロー」に見えないということは、キャラクターとして弱いということです。人気にも影響するでしょう。

一方、描写のあいまいさ「深み」のように解釈されて、過大評価される物語もあります。

作者自身の価値観が未熟であったり、描写のテクニックが未熟なため、作者自身が伝えたい「テーマ」と「描写」がズレてしまっているのですが、批評家や素人の口コミが影響して、作品自体に欠けている「テーマ」を周りの人間が後付けされているのです。

物語に対する新しい視点を提供することもあるので「独自の解釈」はけっして悪いことではないと思います。

ただ、一時的な解釈は、流行りと同じで、時代を経ると評価されなくなります。本当に深いテーマを描いているものは、時代を超えて、古典となっていくでしょう。

分析の際、「描写」からでなく「構成」から読み取っていくのは、客観的な「テーマ」を読み取るためです。

どんなに綺麗なセリフを吐くキャラクターがいても、人を騙していれば詐欺師なのです。

作者が伝えようとした「テーマ」も、「構成」とズレていたら伝わりません。

表面的な「描写」と「構成」のどちらに「テーマ」の本質が込められているでるかは明らかです。

ご案内

「テーマ」について考えるシリーズは、今回で終わります。

「読書会」「リモート分析会」では「構成」の分析を中心に、作品を読み解き、創作に活かす勉強をつづけています。

興味のある方は、どうぞ、ご参加ください。

尚、このサイトは個人運営で、記事の内容はあくまでイルカの私見です(サイト紹介)。純粋に良い作品を創ることを追究するための、覚え書きや仲間への共有のために書いています。会合への誘いは、真剣に創作をしたいと思っている新しい仲間を歓迎する意図です。お金儲けのための講習会などの誘導は一切ありません(そもそも無料ですし)。

現在、イルカは同時代作家の会を中心に活動しており、仲間には知識や技術を共有する用意がありますので、ご興味のある方のご参加を心よりお待ちしております。

緋片イルカ 2021/09/17

1+

SNSシェア

フォローする