WOWOWドラマ『天使のナイフ』(視聴メモ)

懺悔


天使のナイフ (講談社文庫)

『天使のナイフ』(てんしのナイフ)は、薬丸岳の小説。2005年に第51回江戸川乱歩賞を受賞した、作者のデビュー作である。江戸川乱歩賞の選考会では、予備選考の時点から独走状態で、本選でも選考委員の満場一致で受賞が決定した[1]。作者がこの作品を書こうと思ったのは、高野和明の『13階段』を読んだことがきっかけで[2]、少年犯罪というデリケートな問題を扱う作品であるため入念な下調べが行われ、法律面では講談社の顧問弁護士に最終的な確認を求めた[2]。

あらすじ
保育園に通う娘と2人、幸せに暮らしていた貴志の元を、突然警察が訪れる。殺人事件が起こり、貴志がその容疑者になっているという。

殺されたのは沢村和也という少年。かつて貴志の妻を殺しておきながら、13歳であったがために、『殺人事件』は『非行』という言葉に置き換えられ、何も刑を受けなかった人物だった。確かに殺してやりたいほど憎かったが、自分は何もしていない。やはり彼らに『更生』を求めたのは間違いだったのか。貴志は事件後和也らがどのように過ごしていたのかを知りたくなり、関係者らを訪れるが、思いもよらなかった事件の真相に触れることとなる。

(Wikipediaより)

一個人の感想:
テレビドラマらしい冗漫さはあるが、前半は良いドラマという印象。『友罪』『死命』につづく薬丸岳さん原作の作品だったが、その中では見応えはあった。ただし、あくまでミステリーとしての面白さで、テーマの本質を掘り下げるような作品ではなかった。殺された妻に秘密の過去があるといった展開から、よくあるミステリー展開となり、収束も強引。この原作者のパターンが見えてきて、僕の求めるものとは傾向がちがうので、他の作品をチェックするのはいいかなという印象。演技については若村麻由美さんだけ別格。

★現在、執筆中の小説の参考のため「少年犯罪」「ひきこもり」「凶悪犯罪」を題材にした作品やドキュメントを探しています。ご存知の方、オススメのある方、よかったら教えてください。内容まで、すべてチェックしきれるかはわかりませんが、参考にさせていただきます。

緋片イルカ 2021/05/24

0

SNSシェア

フォローする