小説『5分で読める! 怖いはなし』(読書メモ)

5分で読める! 怖いはなし (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)

たった5分の恐怖体験! 実録あり、サスペンスあり、幽霊あり……人気作家10人が贈る、26編の超ショートストーリー。
10名の著者が1~5話ずつ計26編を書いた、ショートショート集。最短3ページ、最長でも12ページの超ショートストーリー。
1話5分で読み終わる、手軽さが売りです。
井上雅彦、岩井志麻子、倉狩聡、小路幸也、戸梶圭太、中山七里、林由美子、平山夢明、真梨幸子、柚月裕子の10人です・(Amazon商品解説より)

一個人の感想:
ショートショートとか短編はすぐ読めるし、その分、オチとか微妙でも気にならない。移動中(最近はしないけど)とか、ちょっとした待ち時間に読むにはちょうどいいが、つづけて読んでも、何も残らない。youtubeの動画とかに似ているなと思う。怖い話というのは人工的なものと非論理なものとで、ちがう。人工的なものは、フリの時点でわかってしまうので、ワンオチぐらいでは現代は通じないと思った。そういう意味ではエンタメと言える。

緋片イルカ 2021/07/07

0

SNSシェア

フォローする