「金色の髪」

犬は色が見えないらしいけど、わたしも犬になってしまったのだろうか?

色が見えないのだ。

色盲かと思って病院に行ったけど、

「異常はない、精神的なものでしょう」

と言われただけだった。

気休めにいろんな目薬をさしてみたり、カラーコンタクトを入れてみたりしても何にも変わらない。

意外だったこと…。

色が見えなくてもそれほど困らないということ。

見えないけれど、色の違いは分かるのだ。
これは赤らしい。
これは青らしい。
これは緑らしい。

友達が可愛いピンクだと言えばピンクだねと言い、あの色は似合わないと言えば、あわせて「そうだね。」と言っておけば言いのだから…。

色なんて無くても何にも困らない。
犬だって普通に生きていんだし。

わたしは無色の満員電車に乗って、学校へ向かっていた。

乗客がみんな石像みたいで、案外いいのだ。

通学路の坂道をわたしは俯いて歩いていた。

「おはよう。」

後ろからやってきたのはカオリだった。

「どうしたの? 下ばかり見て歩いて。」

「どこ見てても同じじゃない。」

「そんなことないよ。ほら。」

カオリの指差したのは、リョウヘイだった。

「なんだ、リョウヘイじゃん。」

「じゃんって。モテモテのリョウヘイ君に、なんだってことは無いでしょうよ?」

「はいはい。」

「リョウヘイ君、また髪の色変わってない?」

「そうかな~?」

「そうだよ。ちょっと赤くなってる。」

「そうかもね。」

「聞いてみよう。」

カオリは駆け足で、リョウヘイに追いついた。

二人はわたしが追いつくのを待っていた。二人はというよりは、リョウヘイが待つから、カオリも待っていたのだ。

「おはよう。」

リョウヘイが、わたしに言った。

「うん。」

わたしはそっけなく返した。

リョウヘイがわたしのことが好きらしいのは、何となくわかっていた。だから、リョウヘイとは仲良くできないのだ。モテモテのリョウヘイ君とは。

「どうした? 元気ないのか?」

「そんなこと無いよ。いつも通り。」

「この子、下ばかり見て歩いてるんだよ。」

「転ばないように?」

「違うよ。」

わたしはリョウヘイを睨んだ。

驚いた。

リョウヘイの髪に一本だけ、金色の髪が見えたのだ。わたしの目にも見える金色に。

リョウヘイが動くと一本だけの金色が隠れてしまった。わたしは背伸びして、リョウヘイの髪をあさった。

「なんだよ。」

「動かないで。」

わたしは金色の一本を抜いた。

「いたっ。」

「白髪があった。」

「うそだ?」

「ほんとほんと。」

「見せてみ?」

「もう捨てちゃった。」

わたしは嘘をついた。

わたしは休み時間にトイレへ行くと、ポケットからリョウヘイの髪の毛を取り出した。両端をつまんで、ピンと張ると、それが…何色かわからなかった。色は見えないし、何色かも分からなかった。

色なんて無くても困らない。
色なんて無くても困らない。
そう、思うのに、何故だか涙が流れた。

(「金色の髪」おわり)

0

SNSシェア

フォローする