「ヒマワリのピアス」

クミが失恋した。

「元気だしなよ?」

「ありがとう。」

「今日カラオケでも行く?」

「そういう気分じゃないんだ。」

「そっか~。」

「あんたは、悩み無さそうでいいね?」

「ははは、まあね。元気だけがとりえだから、あたしは。」

あたしは笑顔を作るのが得意だ。
作り笑顔じゃない、笑顔を作るのだ。

誰にだって悩みはある。

友達が悩んでいたらあたしも苦しい。

誰にだって苦しい時はある。

友達が苦しんでいたらあたしも悲しい。

誰にだって…

だからこそ、あたしは笑顔を作るのだ。

悲しい気持ちは伝染するでしょ?

だったら、笑顔だって移ると思わない?

クミのことが嫌いな訳ではない。

でもクミはあたしのこと嫌いかもしれない。

どこか、あたしのことを見下している。

でも、

失恋したばかりでつらいだけかもしれないし。

「どうした? 元気ないじゃん?」

声をかけてくれたのマエダ君だった。

「そんなことないよ?」

「そっか? じゃあいんだけど。」

「うん。あたしから元気とったら何も残んないもん。」

「たしかに。」

マエダ君が笑って去っていく。

「マエダくん!」

「ああ?」

「ありがとう。」

「おう。」

わかってくれる人はいる。
ほんとにありがとう。

ヒマワリのピアス

元気なあたしにピッタリだと言ってくれたのも

マエダ君だった。

最近、してなかったのに気付いて、今日は付けることにした。

ピアスの効果かもしれない。

「おはよう。」

通学路、マエダ君が後ろから肩を叩いてきた。

「おはよう。」

「よかった。おまえに会えて。」

「え? なに?」

「実は話があったんだけど、教室だと、みんないるし、なかなかね。」

「なによ? 改まって。告白?」

「ばか、声でけえよ?」

マエダ君はクラスメイトがいないか慌てた。

「まさか、ほんとに…?」

「これ…。」

マエダ君はあたしに、周りに気付かれないよう、さっとラブレターを渡した。

あたしはもらったラブレターを見た。

「これって?」

「クミって最近別れたんだろ? おまえから渡してくれよ?」

「あ、ああ、そういうこと。」

「頼むぞ。」

そう言うと、マエダ君は走って先に行ってしまった。

あたしは休み時間、クミをトイレに誘って、そのラブレターを渡した。

「誰から?」

「マエダ君。」

「え~どうしよう。私、別れたばっかだし。マエダ君ってどんな人か知らないし…。」

「付き合っちゃいなよ? マエダ君すごくいい人だよ?」

「本当? そうしようかな…。」

「そうだよ。絶対そうした方がいいよ?」」

「うん、じゃあ、付き合ってみる。ありがと。」

クミは笑った。

やっぱりピアスの効果だ。
クミのこんな笑顔は久しぶりに見た。

(「ヒマワリのピアス」おわり)

0

SNSシェア

フォローする