「ブサイクシンデレラ」

昼休み。私とカナはいつものように、机を合わせてお弁当を食べていると、隣のクラスのシロサキさんがやってきた。

「みんな、聞いて? これ、クリスマスパーティーの招待状。私の家でやるからよかったら来て?」

シロサキさんは全員に招待カードを配った。

「ホームパーティだから参加費もないし、空いている人はぜひ来て?」

シロサキさんが私とカナのところにやってきた。

「はい、2人も。ぜひ来てね?」

「でも、パーティーなんてどんな格好していけばいいのかな?」

「別にドレスじゃなくても平気だよ。」

「そうなんだ~。」

シロサキさんは上品な笑顔を残して去っていった。私とカナは固い笑顔で見送った。

「どうするカナ?」

「私は彼氏と約束あるから…。」

「そうだよね。私もパス。着てくもんもないし…。」

「シロサキさん、ドレスでなくてもいいって言ってたじゃん?」

「ドレスでなくてもね…。それって普通の格好でいいって意味じゃないよね?」

カナが苦笑いした。

「たしかに…」

翌日の昼休み。カナが彼氏と話していたので、私は先に食べ始めた。

「ごめん、おまたせ。」

「どうかしたの? 彼氏。」

「シロサキさんのパーティーに行くのかって
心配してるのよ。」

「そうなんだ。」

「あんた行ってきなよ? 男子と仲良くなれるかもよ?」

「え~。」

「まんざらではないな、その顔は。」

「いや男子はいいけど、パーティーって行ってみたいかも。」

「しかもシロサキさんの家だもんね。」

私は、カナの前だと見栄を張らずにいられる。

「よし、放課後、服買いに行こうよ?」

「付き合ってくれるの?」

「うん。行こう!」

私は部屋で、カナに付き合ってもらって買ったワンピースを着てみた。

そして、大きなため息をついた。

パーマをかけてもとれないくせ毛。
夏休みの小学生みたいに黒い肌。
ノースリーブなので二の腕のたるみは目立つし、地面から生えた樹木のような太い足。
そのくせ胸は小さくて、お腹の方だけこんなに膨らんで…。

「やっぱり、こんなんじゃパーティーなんていけないな~」

私は思わず、声に出してつぶやいた。

『そんなことありませんよ。』

部屋の中から声がした。

「だれ?」

『ワタシですよ。』

声はテディベアの方から聞こえた。

「あなたなの?」

『いつも大切にして頂いているお礼に、魔法をかけてあげます。』

「魔法?」

テディベアがぴょこんと立ち上がり、両手を上げると、部屋がキラキラと輝いた。私は思わず目を閉じて――目を開けると鏡の中にお姫様がいた。

「うそ? これ、私?」

『そうです。』

「真っ白なドレス…白い肌、長い髪、細い手足、私じゃないみたい…。」

『明日のパーティーの主役はアナタです。』

男子だけじゃない、パーティーに参加しているみんなの視線を感じた。けれど私が誰だかわかっていない。

それは悲しいこと?

でも、鏡を見た時、自分ですらわからなかったんだから当然と言えば当然。

私は王子様を待ってる訳じゃない。

こんな綺麗なドレスで、
こんなステキなパーティに、
参加できただけで幸せなのだ。

魔法の解ける時間が近づいて、私は会場を後にした。追いかける人もなく、私はとぼとぼと歩いて帰った。

「ねえ、もう帰るの?」

「え?」

クラスメイトの男子だった。

「ええ。魔法が解けるから。」

「君、シンデレラ?」

「そんなとこ。」

「同じ学校の人だよね? 何組の人?」

「ふふっ。同じクラスじゃない?」

「え?」

もう12時まで時間がなかった。
私は走り去った。ガラスの靴を残さずに。

童話と現実は違う。

シンデレラが本当はブサイクだったら、王子様はお嫁にもらったかしら?

(「ブサイクシンデレラ」おわり)

1+

SNSシェア

フォローする