NO IMAGE

「あの橋」

僕はそこをゆっくりと確かな足取りで渡った。渡りながら思った。彼女はどこに行ったのだろうか? 僕と同じように先生を見かけこの路を引き返したのだろうか?

記事を読む

NO IMAGE

プロットを考える2「小説でのプロットポイント」

今回は小説ではプロットポイントがどう影響するかについて考えていきます。

記事を読む

NO IMAGE

「ウォームアップ」

競技場から少しジョギングするとランニングコースに出られる。そこから脇道に入ると静かな木陰がある。僕は決まってレース前にはここへ来る。あと二時間でいろんなことが変わってしまうだろう、と考えてからすぐに打ち消そうとした。高校陸上のインターハイ地区予選。僕は三年生で予選止まりの実力。今から二時間後の午前十時が千五百メートルのスタート時刻。その五分もすればレースは終わる。中学から六年間やってきた僕の陸上生活も終わる。

記事を読む

NO IMAGE

服についてのお話

服を着るとき、必ず一瞬前が見えなくなる。

記事を読む

NO IMAGE

「オレンジジュース」

「お客さん。さっきからオレンジジュースばかりで七杯も飲んでいなさる。体に悪いことはないが胃にたまるでしょう」「そうさ、だからこうしてさっきから便所に通いつめてるじゃあねえか」男はこの日アルコールを口にしていない。店の主人がいったようにオレンジジュースばかりである。

記事を読む

NO IMAGE

「きまぐれ」

十八になった。もう十八かと思った。二ヶ月になる彼と朝から会って、いつもの店でいつものコーヒーを飲んで、「何処へ行く?」と聞かれたので「帰る」と答えた。彼はしばらく黙ってから「じゃあ駅まで送る」とぼそっと言った。電車に乗って考えた。駅に着いて家までの五分の道で考えた。「もう別れよう」と、メールを送った。

記事を読む

NO IMAGE

プロットを考える1「プロットポイントとは?」

物語そのものをコントロールするプロットポイントについて考えます。

記事を読む

NO IMAGE

小説コンクール選考のしくみと基準

あくまで一般的な選考方法です。参考までに。

記事を読む

NO IMAGE

「それが愚痴だとしても」

「古稀って知ってるか?」年寄りじみた下衆な仕草で女の子の肩に手を回した。こんなえろじじいが確かに僕より物を知っていて、世の中でも認められている。節くれ立った手ははじめ叩くように触れて、そのまま女の子の肩に置かれたままになった。僕は目を逸らす。

記事を読む

NO IMAGE

3分ミステリー「自称探偵シュガーの事件簿」file1 消えた老人

俺の名前はシュガー。職業は私立探偵。依頼はまだない。

記事を読む