中級編一覧

シーンの構成要素2(中級編12)

三幕構成 中級編(まえおき) 三幕構成の中級編と称して、より深い物語論を解説しています。 中級編の記事ではビートを含む用語の定義や、...

記事を読む

アンタゴニズム(中級編11)

ロバート・マッキーが「わたしの経験から言うと、ストーリーを設計するうえで最も重要でありながら、最も理解されていない」とまで語る要素について考えます。

記事を読む

「プレミス」再考(中級編10)

ブレイク・スナイダーのビートシートにある「プレミス」=テーマの提示というビートについて考えます。

記事を読む

NO IMAGE

コズモゴニックアーク(中級編9)

「プロットアーク」「キャラクターアーク」にくわえて、3本目のアークを考えます。

記事を読む

NO IMAGE

「無からの創成」と「無への到達」(中級編8)

この世界のはじまりはどうなっていたのでしょうか? 『古事記』を読み解きながら、キャンベルのいう「宇宙創成の円環」と物語の関わりを考えます。

記事を読む

NO IMAGE

キャラクターアークとモノミス(中級編7)

中級編では「プロットアーク」と「キャラクターアーク」という2本のアークとして捉えます。それらのモノミスとの関連を考えます。

記事を読む

NO IMAGE

アーク実例(中級編没原稿)

ストーリー価値とアークの関係を説明しようとして書いたのですが、別の記事を書いてしまい没にしていた記事です。とりあえずあげておきます。

記事を読む

『SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術』に潜む3つの問題点(中級編6)

ブレイク・スナイダーのビートシート「物語を完成させる」といった初心者向けの目的を達成するにはとても便利です。けれど長所と短所は裏返で、初心者向けにいいものが中級者以上では不便になることがあります。

記事を読む

「ビートの本質」(中級編5)

「ビートとは何か?」を再定義します。アクトやシークエンスとビートの関係から、五幕構成や三幕八場のような理論についても補足します。

記事を読む

「リワードというビート」(中級編4)

ハッピーエンドになるにはなるだけの原因、バッドエンドになるにはなるだけの原因があります。それをあいまいにしたままハッピーやバッドにするのは観客に不満を抱かせます。その原因をビートとして捉えるときには「リワード」という観点がとても重要です。

記事を読む