小説『ルーム』(827字)

『部屋、行かない?』
 その意味を勘違いしたまま、わたしはOKしていた。
 青縁の四角い眼鏡をかけたユータくんの温和しそうな外見から、いきなり求めてくるとは思わなかったし、なにより、そういう誘いを受けるのは初めてだった。
『ほんとに部屋に来るとは思わなかった』
 ユータくんは明かりをつけると、転がっていたマンガ雑紙やらを片づけて、
『どうぞ。汚くて申し訳ないけど』
『おじゃまします……』
 部屋に行く、というのは住んでいる部屋に実際に行くことではなくて、〝プライベートルーム〟で話すという意味だと教えてくれた。わたしを誘った下心を白状させられているようで、ユータくんは照れていた。
『ごめん。わたし、そういうの初めてで……』
『ええ、そうなの?』
『だって十八なったばっかだし……』
 成人するとプライベートルーム機能を使うことが法律で認められている。ルームキーを持っている人間だけが入れる非公開回線で、性的な営みのために使われることが多い。
『ユータくんはしたことあるの?』
『まあ、一応。みんな、やってると思うけど』
 未成年は学習用ルームや対戦ゲームルームで代用しているのだと教えてくれた。
『知らなかった……学習用ルームは持ってたけど、そんな使い方があるなんて考えもしなかった』
『そんなとこ、つっ立ってないで、こっちおいでよ』
 ベッドに腰掛けたユータくんは横にずれて、わたしのためのスペースをつくった。
 わたしが小さく収まるように座った。
『キー、送るよ』
 ユータくんのおでこがくっついて、ルームキーが受信された。
『ネットでも送れるけど、一応、この送り方のが安全なんだ。入り方わかる?』
『うん。わかると思う』
 プライベートルームに入ると真っ暗な洞窟に入ったように静かだった。
『入れた?』
 ユータくんの言葉だけが頭の中に反響した。
『目閉じるといいよ。慣れてないと疲れるから』
 言われたとおりにすると、わたしとユータくんしかいない世界につつまれた。
 それから言われるままに、わたしは、初めての体験をした。

(了)

緋片イルカ2019/04/15

その他の小説はこちらから

0

SNSシェア

フォローする