短編映画『紙ひこうき』(三幕構成分析45):ビートの教科書のような短編

感想・構成解説

7分弱のディズニーの短編アニメです。リンク先が無効な場合は、ディズニープラスか『シュガー・ラッシュ』のDVDに収録されています。

この作品を使って、ビート解説をしてみます。

「オープニングイメージ」:特別な描写はありませんが、しいていえば「風」がイメージとしてあるといえるかもしれません。トップシーンの主人公は風に抗うように立っています。うかない顔をしているのは、それだけで「主人公のセットアップ」になっています。

「カタリスト」:「飛ばされた書類を追いかける女性との出会い」最初の事件が起こりました。短編映画なので、本編が始まって10秒ほどで起こります。表情だけで、二人の感情が伝わってくるのはディズニーアニメの表現力だと思います。お互い、意識しつつも声はかけないところから、一連の「ディベート」シークエンスがつづきます。男性の書類が飛ばされる→笑い合う→女性は電車へ→会社で口紅のついた書類を眺める→山盛りの仕事→口紅の書類が飛ばされそうになる。

「デス」:「向かいのビルに女性を見つける」。PP1~ミッドポイントへ向けて上昇していくアークを描くときは、デスではネガティブなイベントが起きますが、この作品は下降していくアークなのでデスではポジティブなイベントが起こります。

「プロットポイント1」:「紙ひこうき飛ばし開始」仕事の書類を使うところから、男性が非日常の世界に踏み込んだことがわかります。もちろんBGMも変わります。女性に出会う前の社会人としての彼であったら、書類を紙ひこうきにして飛ばすなんてことはしなかったでしょう。それが、今では、仕事よりも彼女が大切なのです。

「バトル」:「届かない紙ひこうき」何度投げても女性には届きません。上司に邪魔されても負けじと投げる。ゴミ箱に入ったり、別の部屋に入ったり、鳥に邪魔されたり、こういった描写は、構成とは別の部分による魅力です。作家や監督の腕が出るところです。

「ピンチ1」:短編なのでサブプロットはありません。

「ミッドポイント」:「彼女が去る」とうとう書類は尽き、最後の一枚=口紅の書類を投げるしかない。しかし、「風」に吹かれて落としてしまいます。面接が終わった彼女は部屋を去っていきます。目的を達成できなかったミッドポイントです。

「フォール」:「男性が部屋を飛び出す」デスがポジティブで、下降するアークを辿った場合、フォールは反対に上昇へのきっかけとなります。紙ひこうきなんかに頼らず、自分の足で会いに行けばいいと、踏み出します。

「プロットポイント2」:「女性が見つからない」時すでに遅し、彼女はもういません。悔しまぎれに、落ちていた口紅のついた紙ひこうきを、投げ飛ばします。

「ダーク・ナイト・オブ・ザ・ソウル」:「裏路地紙に溜まったひこうきの山」ふわふわと漂った紙ひこうきは、彼女に届くこともなく、ゴミ捨て場のような裏路地に落下します。そこには、それまで投げた紙ひこうき達も敗者のように積み重なっています。届かなかった思いのかたまりでもあります。

「ターニングポイント2」:「紙ひこうき達が動きだす」紙ひこうきを動かしているのは「風」です。その後の、人格をもったような動きは、アニメーションならではの表現で、リアリティを求めるのはヤボでしょう。紙ひこうき(あるいは風)に押されて、二人は出会えるのかという「ビッグバトル」に入ります。もちろん、出会って映画は終わります(短編のような短いビッグバトルではツイストは必要ありません)。

「ファイナルイメージ」:風の力で出会い、風の力で再会した二人。風は「見えない力」「運命」といった言葉に言い替えてとらえることもできるかもしれません。けれど、再会できたのは、ただの偶然ではなく、「紙ひこうき」を投げるというアクト2があったからこそなのです(※ここが構成上、大切なポイントです)。風手助けをしただけに過ぎません。二人を動かしたのは「思いの力」とも言えるのです。

エピローグ:「エンドロール中の映像」カフェでおしゃべりでしょうか。出会ったところで終わってしまうと、会ったものの振られる余地を残してしまうので、しっかりと見せておくことが必要なショットです。

いかがでしょうか?

10分にも満たない短編映画でも、すばらしいものは感動を生みます。

分析してみると、無駄がなく、きちんとアークを辿っているのがわかります(プラス、描写力も素晴らしいところを忘れていけないのですが)。

2+

SNSシェア

フォローする