プロットを考える8「ディベート」

初心者の方はこちらからどうぞ→初心者向けQ&A①「そもそも三幕構成って何?」

前の解説へ

前回まででテーマ、ジャンル、主人公のセットアップをした後、最初のきっかけ「カタリスト」が起きることを考えました。
今回のビート「ディベート」debateは、カタリスト後の主人公のリアクションといえます。
「カタリスト」との関連が深いので、合わせて考えていきます。

debateというと討論を浮かべてしまいますが、ここでは自動詞の「思案する」です。
『SAVE THE CATの法則 本当に売れる脚本術』の翻訳では「悩みのとき」となっています

また『千の顔をもつ英雄』と比較した場合、
「冒険の召命」=「カタリスト」
「召命拒否」=「ディベート」
となります。

ここで重要なのはいずれにせよ「悩んだり」「拒否」したりして、すぐに旅に出発しないということです。
旅への出発がこの後にでてくるPP(プロットポイント)ですから、ここが大きな違いです。

なぜ主人公は悩まなくてはいけないのでしょうか?

それは、人間が変化するとは一度、死んで生まれかわるほどに大変なことだからです。
たとえば「痩せたい」とおもっている主人公がいるとします。
そこへ「スポーツジムの誘いのハガキ」が届く。それで「ジムに通い始めて、痩せていく……」
こんな物語、誰が見たいでしょうか?
スポーツジムのCMにしかみえません。

改めて、「痩せたい」とおもっている主人公がいる。
そこへ「山ごもり修行ダイエットプログラムに誘われる」
これならどうでしょうか?
まだ観客がくいついてくれるかはわかりませんが、主人公は迷います。

主人公が即決できるような誘いはカタリストにはなりません。
「旅」とは非日常なので、主人公が迷いもなく行動できる範囲は日常生活の範囲です。
旅に出るかどうか、迷うほどの「旅」でなければ主人公を変えるきっかけにはなりません。

「痩せたい」でも「たいへんなダイエットはしたくない」これが主人公の本音です。
だからこそ、痩せられない現状があるわけです。
抜け出すには、決断をしなくてはいけません。
それが次のビート「デス」です。
「デス」については次回、考えていきます。

★まとめ:
・人間が変化するには決断と努力が必要。
・「カタリスト」を受けて主人公は迷う=「ディベート」。
・迷うことのないような軽い悩みでは、観客は共感しない。

イルカの音声解説はこちら

音声解説のyoutube版はこちら

グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち [Blu-ray]
Posted with Amakuri at 2018.11.28
音声解説でタイトルが浮かばなかったのはコレです。主人公が仲間を見捨てられないのを友人が背中を押す。そんな名シーンがありますね。

次の解説「デス」へ

「プロットを考える」の過去のリストはこちら

構成について初心者の方はこちら→初心者向けQ&A①「そもそも三幕構成って何?」

三幕構成の書籍についてはこちら→三幕構成の本を紹介(基本編)

三幕構成のビート分析実例はこちら→がっつり分析シリーズ

文章表現についてはこちら→文章添削1「短文化」

文学(テーマ)についてはこちら→文学を考える1【文学とエンタメの違い】

キャラクター論についてはこちら→キャラクター概論1「キャラクターの構成要素」

「物語論」すべてのリストはこちら

このサイトの紹介はこちら

1+

SNSシェア

フォローする

『プロットを考える8「ディベート」』へのコメント

  1. アバター 名前:あひる 投稿日:2018/12/05(水) 22:42:11 ID:7f0d1d55f 返信

    しまうまさんが考える物語論の回も聴きたいです

    1+
    • 志摩 ウマ 名前:志摩 ウマ 投稿日:2018/12/05(水) 23:16:34 ID:4f97fe44a 返信

      コメントありがとうございます。
      サイト開設以来、初めての名指しでの指名です!
      次回のほっこりトークの収録の時に話してみます。
      内容には期待しないでお待ちください。

      0